http://ocomen.hatenablog.jp

長寿ブログ

ダイエット、筋トレ、食事など健康的な体を作るための情報発信ブログ

自宅で筋トレしているサラリーマンに朗報。腹筋をバキバキにしたいなら今すぐ腹筋ローラーを買うべきだ。

f:id:ocomen:20171214063053j:plain

サラリーマンの皆さん、こんにちは。

 

ダイエット目的や健康維持、または体を鍛えることが趣味といったように自宅で筋トレをしている人は多いのではないでしょうか。

 

筋トレをしている人が誰でもあこがれるのは腹筋が見事に割れたシックスパックでしょう。

 

しかし、腹筋運動は地味なうえに苦手な人も多く敬遠しがち。しかも、自宅でおこなうような普通の腹筋運動ではなかなか高負荷をかけずらいため、いくら回数を重ねてもなかなか成果がでない。そのまま三日坊主なんてことはよくありがちなことです。

 

そんな自宅での腹筋の筋トレに限界を感じている人、特にお腹がポッコリでていて普通の腹筋運動が苦手だというビール腹のサラリーマンにおススメなのが腹筋ローラーです。

 

皆さんも一度は目にしたことがあるでしょう。車輪がついていて両手で取っ手をつかんで床でゴロゴロする器具。

この腹筋ローラーなかなか優秀な道具なんです。ここではこの腹筋ローラーのおすすめポイントを紹介します。

 

 

 

何といってもコスパ最強

f:id:ocomen:20171215045724j:plain

この腹筋ローラーという神器、実用性ありすぎるのにメチャクチャ安いんです。

 

現在、私が使用しているものはホームセンターで1000円ほどで購入したショボいものですが、これが全然使えます。

 

特におススメはこちら。過去に私も使用していたものなのですが、安い上に膝に敷くマットも付いてくるというコストパフォーマンスの高さに感動しました。

 

 

腹筋ローラーのほとんどの商品は1000円程度で購入できるものばかりで、高価な物でも3000円ほどしかしません。もし購入を考えているいるなら初心者であれば1000円程度の商品で十分に実用性があるので高い商品は買う必要はないかと思います。

 

1000円程度で自宅で腹筋が簡単に鍛えられるのであれば安い買い物ではないでしょうか。数万円もするワンダー・〇アより効果抜群です。

もしも、途中で飽きて辞めてしまっても1000円ほどですし、コンパクトで場所も取りませんから物置にしまっておいても邪魔にならないかと。かなりおススメです。

 

普通の腹筋運動より効果的に鍛えられる

f:id:ocomen:20171215050231j:plain

道具を使わずに自宅で腹筋運動をする場合、たいていはクランチのような上半身を起こす一般的な筋トレをする人が多いのではないでしょうか。

もちろんこのトレーニングでも腹筋を鍛えることは可能です。

 

しかし、クランチのような運動は慣れてくると少ない回数では腹筋が刺激されにくくななり多く回数をこなすかダンベルなど使用し、より高い負荷をかけなければならなくなってきます。また、クランチなどの腹筋運動は、体の柔軟性から苦手な人も多くいます。実際、私は苦手で腹筋に刺激が伝わりにくいです。

 

筋力を効率的につけるには、6~10回で限界になる運動を3セットおこなうのが良いとされています。その点では腹筋ローラーなら十分に満たすことができます。しかも、クランチなどの腹筋運動が苦手な人でも腹筋ローラーなら無理なく効果的に腹筋に強い刺激をつたえることができます。

数回おこなっただけで、腹筋がかなり刺激されているのがわかるはずです。翌日は間違いなく筋肉痛になっているはずです。

 

腹筋ローラーの基本トレーニングは膝を床につけてコロコロします。これでも十分にきついのですが、刺激が足りなくなったら直立した状態からコロコロするなどバリエーションも豊富なので常に効率の良いトレーニングをおこなうことができるでしょう。

 

腹筋だけでなく上半身がまんべんなく鍛えられる

f:id:ocomen:20171214060106j:plain

この腹筋ローラーの驚くべきところは、腹筋が効率よく鍛えられるということだけではありません。

 

なんと腹筋を鍛えながらも上半身の筋肉をまんべんなく鍛えることができるのです。

 

具体的にどこの筋肉が鍛えられるのか説明しましょう。

 

  • 腹直筋・・・最も効果的に鍛えることができる部位。シックスパックになる筋肉
  • 腹斜筋・・・腹直筋の側面の筋肉。鍛えるとウエストが引き締まる
  • 上腕三頭筋・・・二の腕の裏の筋肉
  • 広背筋・・・背中の逆三角形をつくる筋肉
  • 僧帽筋・・・背中の肩回りの筋肉

 

これだけの筋肉が腹筋を鍛えながら同時に鍛えることができます。腹筋ローラーを使用したことのない初心者であれば腹筋ローラーでトレーニングをした翌日は腹筋はもちろんですが腕や背中、上半身がバキバキに筋肉痛になっているはずです。

もちろん腹筋ローラーを使っているだけで上半身がムキムキの状態になるには難しいですが、ダイエット目的やエクササイズでおこなうには十分なトレーニングになります。

 

ポッコリお腹に悩んでいる時間のないサラリーマンの皆さん。ダイエットメニューの中に腹筋ローラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。トレーニングに使用する時間が短縮され、且つお腹が引き締まること間違いないです。

 

使い方のバリエーションが豊富

この腹筋ローラー、単純にコロコロと転がして鍛えるだけではありません。色々な使い方があるというのも魅力の一つです。

 

膝コロ

基本的な使い方は『膝コロ』です。

 

  1. 膝をついて四つん這いになる
  2. 両手で腹筋ローラーを握る
  3. 腹筋を意識し、息を吸いながら前方に腹筋ローラーを押し出す
  4. 息を吐きながら元の位置に戻る

 

これは基本的な腹筋ローラーの使い方です。初心者の人はこれだけでもかなりきついはずです。

もし、床ギリギリまで倒れこむことが出来ないのであれば、最初はできる範囲でいいので徐々に距離をのばしていきましょう。

 


アブローラー使い方(初心者用・膝コロ)

 

腹筋ローラープランク

これは腹筋ローラーを使った体幹トレーニングです。腹筋ローラー初心者で膝コロもきつくてできないという人は、まずこのプランクから始めるのがいいでしょう。

 

  1. ローラーが胸の下にくるようにし、腕をまっすぐ伸ばす
  2. 頭からかかとまで一直線になるようにし、プランクの姿勢をとる
  3. しっかりと呼吸をしながら30秒~1分キープする

 

体幹トレーニングなので、腹筋の筋力アップはそれほど見込まれませんが、インナーマッスルとバランス感覚を強化することができます。

 

立ちコロ

これは上級者向けのトレーニングになります。立った状態から前方へロールアウトしていくというものです。

立ちコロは腹筋の筋力がある程度のレベルでないとできませんし、太ももの筋肉も使います。ですのでまずは膝コロからおこない筋力アップしたら次のレベルとして立ちコロにとりかかるとよいでしょう。立ちコロができるようになればより効果的に腹筋を刺激することができるようになります。

 

私は、まだこの立ちコロが3回程度しかできません。たった三回程度でも腹筋は爆発しそうなほど刺激されています。

 


Standing Ab Wheel Rollouts

 

このほかにも使用する腹筋ローラーは違いますが、足に取り付けて使用する方法など様々な使用方法がありバリエーションは豊富ですので自分の筋力合ったトレーニングをお勧めします。

また、足でおこなう腹筋ローラーはちゃんと購入したら記事にしたいと思います。

 

使用上の注意とまとめ

腹筋ローラーを使用するにあたって注意する点があります。

 

腹筋ローラのホイールの種類によりますが、フローリングまたは無垢材の床の上で直接おこなうと床が傷だらけになる恐れがあります。

 

この記事で紹介した、腹筋ローラーは心配ないと思いますが、もし自宅が無垢材のような柔らかい床だと万が一がありますのでマットなど敷いて使用したほうが良いかと思います。

実際、私が使用している地方のホームセンターで買った腹筋ローラーは床がボロボロになるタイプのものです。

 

 

腹筋ローラーが一台あれば効果的に腹筋を鍛えることができますし、トレーニング自体時間がかからないので継続しておこないやすいのではないかと思います。

 

たるんだポッコリお腹を引き締めたいいと思っているサラリーマンの皆さん。ダイエットに腹筋ローラートレーニングを加えてみたらどうでしょう。

 

ちなみに私が使用している腹筋ローラーはこちらです。

f:id:ocomen:20171215051825j:plain

ショボいですが効果は抜群です。

 

 

 

 

注:腹筋ローラーの正式名称はアブローラーらしいです。