http://ocomen.hatenablog.jp

長寿ブログ

ダイエット、筋トレ、食事など健康的な体を作るための情報発信ブログ

自宅筋トレ初心者が購入したほうがいい筋トレおすすめグッズ紹介。安いのに筋トレ効果絶大。

筋トレ初心者の皆さん、こんにちは。

 

今回は筋トレ初心者の人のためにおススメ筋トレグッズを紹介したいと思います。

 

筋トレを始めたばかりの筋トレ初心者の人は自宅でのトレーニングに励んでいる人が多いのではないかと思います。

初心者のトレーニングメニューといえば誰でも簡単にできる自重トレーニングメインの腕立て伏せや腹筋運動、体幹トレーニングなどではないでしょうか。

 

しかし、最初のうちは各トレーニングを10回×3セットほどおこなうだけで辛く感じたのに、毎日トレーニングをしていると筋力もそこそこついてきて腕立てや腹筋などの基本的な自重トレーニングだけでは刺激が少なくなってきて物足りなく感じてきます。それでは筋力はつきづらく、効果的な筋トレにはなりません。

 

そこで通常の腕立て伏せにマンネリしている人、より筋肉に刺激を与えたい人におススメするのがプッシュアップバーです。

 

 

 

プッシュアップバーとは?

最初にプッシュアップバーを知らない人に簡単に商品紹介をしたいと思います。

 

スポーツジムなどに行ったことがある人は見たことがあるかもしれませんが、簡単に言うと腕立て伏せで使用する棒のことです。

 

とてもシンプルな筋トレグッズで価格も安い物であれば1000円程度なので入手しやすい初心者向けの筋トレグッズです。プッシュアップバーの中には数千円のもする高価な物もありますが安いもので十分すぎるほど効果があるので、張り切って高いものを購入しないようにしましょう。

 

La-VIE(ラヴィ) プッシュアップバー 腕立て伏せ 傾斜付き 2個入

La-VIE(ラヴィ) プッシュアップバー 腕立て伏せ 傾斜付き 2個入

 

私が使用しているのはこちら。1000円程度でホームセンターでも販売されています。

 

プッシュアップバーの効果

f:id:ocomen:20171229054240j:plain

プッシュアップバーは主に腕立て伏せで使用する筋トレグッズですが、通常の腕立て伏せに比べてプッシュアップバーを使った腕立て伏せは、筋トレ効果がより向上します。具体的に二つの効果があります。

 

筋肉の可動域を広げることができる

プッシュアップバーの最大のメリットは筋肉の可動域を広げることができるということです。

 

通常の腕立て伏せでは床に手をついておこなうので、胸が床につくまでしか体を下げることができません。

筋トレを始めたばかりであればこれでも十分に効果はあるのでが、筋力が付いてくるとこれでは大胸筋が十分に伸展できず刺激が不十分です。

しかし、プッシュアップバーを使用すれば、床までの高さができるためより深く体を下げて腕立て伏せができるようになります。そのため筋肉の可動域が広がりより効果的に筋肉を刺激することができるのです。

 

高負荷をかけることができる

可動域が広がり、より深く体を下げて腕立て伏せができるので通常の腕立て伏せより高負荷をかけることができるようになります。大胸筋がより刺激され通常の腕立て伏せでは不可能な負荷をかけることができるでしょう。

 

実際に使ってみた

プッシュアップバーの豆知識はここまでにして実際に私が普段使用しているプッシュアップバーを使用してみたいと思います。

 

プッシュアップバーの使用方法は基本的には通常の腕立て伏せと同じです。腕立て伏せの基本ができていれば簡単に使用することができます。

 

私が実際に使用しているプッシュアップバーはこんな感じのものです。

f:id:ocomen:20171227054033j:plain

1000円程度のものなので見た目は安っぽく見えますが、全然使えます。コストパフォーマンスかなり高いですよ。高いもの買う必要うなし。

筋トレグッズが欲しいけど、何を買っていいのかわからない人は、まずこれを買ってください。もし、使わなくなっても1000円程度ですし押し入れにしまっても場所をとらないサイズです。

 

まず最初にプッシュアップバーの握り方ですが、バーのグリップの部分を握るだけです。因みにプッシュアップバーを使用しての腕立て伏せは、通常の腕立て伏せと比べて手首に負荷がかからないのでケガの予防にもなります。

f:id:ocomen:20171227053600j:plain

 

次にプッシュアップバーを使用しないときと使用したときの可動域の違いを見て見ましょう。

 

f:id:ocomen:20171228052229j:plain

 これは通常の腕立て伏せです。これでも床スレスレまで体を下げています。次にプッシュアップバーを使った腕立て伏せです。

 

f:id:ocomen:20171228052642j:plain

 見てわかるようにかなり可動域がかなり広がっていると思います。胸が手より下に沈むことができるのでここまで体を下げることができます。

通常の腕立て伏せに比べてかなり負荷がかかるので見た目以上にきついです。

 

使用方法は簡単です。普通の腕立て伏せと何ら変わりはありません。

 

f:id:ocomen:20171228053443j:plain頭からかかとまでを一直線にし、息を吸いながら体を下げて、

 

f:id:ocomen:20171228053331j:plain

息を吐きながら、大胸筋が刺激されていることを意識しながらゆっくりと状態を起こします。

腕立てをする際、下げるとき上げるときで時間をかけながらゆっくりと動作をおこなうことでより負荷をかけることができます。

 

これを10回×3セットおこないましょう。最初のうちはこれだけで翌日は筋肉痛になるほど筋肉が刺激されていると思います。

 

まとめ

プッシュアップバーは1000円程度で購入できる割りにはコストパフォーマンスに優れている筋トレグッズです。

腕立て伏せだけでなく、使用方法を変えるだけで腹筋も鍛えることができる優れもの。腹筋の鍛え方は中級者向けなので今度記事にしたいと思います。初心者の腹筋はアブローラーがおススメです。

 

ocomen.hatenablog.jp

 

最初のうちはプッシュアップバーを使うだけで負荷がかけられますが、慣れてきて物足りないなと思ったら、足を椅子に乗せて上半身を低い状態にしておこなうなどして工夫すれば、より高負荷をかけられます。

また上級者の人であれば、ダンベルやバーベルの後の追い込みとしても使用できます。

 

このようにかなり優秀な筋トレグッズであるプッシュアップバーを使ってみてはどうでしょう。